Redo the life

メルカリ初心者が知っておきたい独自ルールとメルカリ用語

こんにちは。アラフィフ主婦のKKです。

長男が自己破産することになり、弁護士費用にもお金がかかるので、少しでも費用の足しにと今まで躊躇していたメルカリに初出品しました。今まで興味はあったのですが、ネットでのやり取りが怖くて手を出せずにいました。

初出品前に購入は2回経験があり、その経験で、「メルカリって意外と大丈夫じゃん」とは思っていましたが、出品者側になるにはアラフィフ主婦にとってなかなかハードルが高かったです。

でも、そんなこと言ってられません。少しでも弁護士費用の足しにせねば!

しかし結果は、値段設定ミス、配送料オーバーで初出品は20円の利益というトホホな結果になりました。それがいい経験となり、出品に抵抗がなくなりました。

初めてメルカリを利用したとき、独自ルールやメルカリ用語にちょっと引いてしまいましたが、これを乗り越えるとメルカリ初心者でも難なくメルカリを使いこなせるようになります。私の経験で、これさえ知っておけばという独自ルールとメルカリ用語を初心者の人に紹介していきます。

ところで、メルカリってロゴが変わったんですね。ロゴが変わったのでアイキャッチ画像を作り直しました。

メルカリには独自ルールがある

メルカリで商品を初購入したのは、ちょうど今から1年前です。

メルカリのCMがテレビでばんばん流れていて、メルカリは世の中に既に浸透していました。でも、アラフィフ主婦には何だかハードルが高く思えていました。ちなみにヤフオクさえ未経験です。

同じくアラフィフ主婦のママ友でやっている人もいましたし、子どももやっていましたが、私は興味がある程度でした。

きっかけは何だったのかな。たしか、趣味のコーラスのコンサートで履く靴が合わなくて、そんなに何足も買う余裕もなく、どこか安く買えるところはないかと探していたとき、メルカリならあるかもと思い、思い切ってメルカリのアプリをスマホにインストールした記憶があります。

残念ながら、コレだと思う靴はなかったのですが、いろいろなものが出品されていたので、おもしろいなぁと思いました。

ただ、独自ルールには驚きました。「独自ルール」とは、メルカリのルールではなく、メルカリ利用者が勝手に作ったルールです。

メルカリの公式HPでもこう書いてあります。

独自ルールの取引について

メルカリには「コメントなし購入禁止」や「プロフィール必読」「いいね!不要」といったルールはありません。

お取引を円滑にする目的であっても、メルカリのシステムが対応していないお客さま独自のルールを強要することはトラブルの原因になることがあります。

安全のため、ガイドに沿って取引を進めてください。

(メルカリガイドより)

「コメントなし・即購入」がメルカリの基本ルールなので、独自ルールを守らなくても規約違反ではありません。

ただ、そうはいっても、やはり独自ルールは気になるし、購入したい商品がある場合は守っておいたほうが無難かなと思います。

押さえておきたい3つの独自ルール

プロフ必読

商品の説明欄に「プロフ必読」というコメントを書いている人を時々見かけます。

「プロフ」って何?と最初思いましたが、いわゆるプロフィールですね。出品者の欄をタップすればプロフィールが出てきます。書いてない人もいますが。

自分のプロフィールは、メルカリ>マイページ>プロフィールで設定できます。

こちらに長々と独自のルールを書き連ねている人がいます。初めはびっくりしました。何だか怖いな、細かいなと。

「プロフ必読」と書いていた場合、私はちゃんと確認します。そういう人の場合は割と厳しい独自ルールがあります。

今まで見た中で、厳しいなと思った独自ルールの例です。

  • 購入する場合は必ずコメントすること
  • 即購入不可
  • コンビニ/ATM支払いの人は購入不可
  • 値下げ交渉厳禁
  • 評価は受け取った当日に
  • 評価の低い人とは取引しません
  • コメント逃げの人はブロックします
  • 買う気のない「いいね!」禁止

最初見たとき、細かいな~、怖いな~と思いましたが、やっていくうちに、そう書く人の気持ちがだんだんわかってきました。

私はトラブルに遭ったことはないのですが、こういう人たちは恐らく過去に何らかのトラブルに遭い、やむを得ず独自ルールを作っていったんじゃないかなと思います。

即購入不可

まず即購入とは、「購入してもいいですか」とコメントなしで購入することです。本当はこれが基本です。

私は即購入大歓迎なので、プロフィールにも「即購入、歓迎」と入れています。

即購入NGの人もいます。NGの理由をまとめてみました。

  • 他サイトにも出品している
  • 購入者を評価で判断したい
  • 商品の状態をもう一度確認したい

一番多いのは他サイトに同時出品しているため、在庫確認が必要なのでコメントが欲しいという理由なのではないでしょうか。

なので、プロフィールに「購入希望の場合はコメント欄に”購入希望”とコメントしてください」と書いてあったら、「購入希望です」または「在庫ありますか?」とコメントすればOKです。私もそうしています。そして、出品者からの「そのまま購入して大丈夫です」という返信を確認してから購入します。

最初は面倒くさいなと思っていましたが、もう慣れました。これらのコメントのやり取りはオープンなので、やり取りを見られるのも嫌でしたが、これももう慣れました。

いいね!不要

いいね!不要の人もいます。

  • 通知音がうるさい
  • いいね!を押すより購入してほしい
  • 値下げしろとプレッシャーを感じる
  • 通知がいいね!に埋もれるとコメントに気づけない

いいね!を押すと「いいね!一覧」に載るので、後でゆっくり検討できます。便利な機能なので活用しているのですが、いいね!不要の人の商品は押しづらいです。というか、押しませんが。その分購入されにくくなるのではないかと思うのですが・・・。

確かに出品するようになって、いいね!が結構ついてるのに売れないのはなぜ?とモヤモヤすることもあります。あと通知音に「売れた!?」と期待したら、いいね!でがっかりというのもあります。

だからといって、いいね!不要とは思っていませんが、いいね!不要と思っている人もいるということを頭に入れておいたほうがいいでしょう。

初心者が知っておきたいメルカリ用語

専用

メルカリで商品を検索していると、「〇〇様専用」と文字が書かれた写真を見ることがあります。最初見たとき、訳がわかりませんでした。

要するに、その人以外購入してはダメというこです。交渉中とかお取り置きする場合、出品者側が専用ページを作ってくれることがあります。

ほかに、すごい値段設定をつけて、ほかの人が購入するのを防ぐという方法もあります。購入者側からしたらありがたいです。

出品者側からしたら、結果的に買ってくれたらOKですが、たまに専用作ったのに買ってくれないなんていう目に遭う人もいるようです。独自ルールなので、メルカリは何の保証もしてくれません。

評価

商品が届くと、まず購入者側が出品者を評価をし、その後出品者側が購入者を評価します。取引は評価をもって終了します。双方の評価が終わらなければ売上金は計上されない仕組みになっています。

評価をし忘れないよう注意しましょう。

メルカリ便

メルカリには便利な匿名配送があります。日本郵便を利用したものがゆうゆうメルカリ便、ヤマト運輸を利用したものがらくらくメルカリ便です。

一番の特徴は、匿名配送です。宛名を書かなくていいので、いつもメルカリ便を利用しています。値段も安いです。

私は、本などA4サイズ・厚さ3センチ以内のものはゆうパケットで送っています。ゆうゆうメルカリ便最安値、175円です。

それ以上大きいものはらくらく便を使用しています。宅急便コンパクトは専用資材(65円)を購入する必要がありますが、380円で送れます。

値下げ交渉

メルカリは、値下げ交渉されるときがあります。そのため、値下げ交渉を踏まえた上での価格設定をする人も多いです。

ヤフオクは最初の価格からどんどん上がっていくものですよね。メルカリはどんどん下がっていきます。値下げ交渉されて値下げする、または売れなくて出品者が値下げする。

なので、最初の価格設定で強気の価格をつける人がいます。たまに定価よりも高い価格でメルカリに出品している人を見かけます。ちょっとビックリ。

普通は、相場を確認してから価格設定します。私も、同じような商品がメルカリでどのくらいの価格で出品されているか、または売れているかを確認してから価格設定しています。

しかし、出品してすぐ、いきなり半額近い値下げ交渉をされたことがあります。さすがにそれは無理というか、失礼でしょと思い、「出品したばかりなので値下げは考えていません」と返信しました。

価格交渉を持ちかけられ、返信しようと思った矢先に別の人が購入してしまったこともあります。こういう場合のトラブルを避けるために、「コメント中でも即決いただける方を優先します」とプロフィールに書いている人もいます。

私の場合、「200円値下げ可能でしょうか?」と聞かれ、「100円なら」と返信すると大体皆、購入してくれました。値下げ交渉するほうも、ダメ元、もしくは多めに額を見積もって交渉してくるのかもしれませんね。

「多少の値下げは可能です」または「まとめて買うと値下げ可」と書いている人もいるので、その場合は交渉しやすいです。でも、たまに「値下げ不可」と書いている人もいるので注意が必要です。

コメント逃げ

「〇〇円なら即決します」とコメントし、出品者が値下げに応じたものの購入してくれないとか、「お取り置きしてください」とコメントし、出品者が「専用」にしたものの購入してくれないとか、文字通りコメントしたのにそれっきりのことです。

私はそういう人に出会ったことがありませんが、たまにいるそうです。そういう人の対抗手段として、メルカリには「ブロック」という機能があります。

ブロック

私は経験がありませんが、この人とはもう関わりたくないなと思ったらブロックするという手があります。

  • 「いいね!」できなくなる
  • コメントできなくなる
  • 購入できなくなる

ブロックされると閲覧しかできなくなります。

まとめ

メルカリは顔の見えない取引なので初心者は抵抗があるかもしれません。実際トラブルに発展する人もいるようです。

しかし、プロフィールや評価を前もってチェックすることでトラブルを回避することができ、信頼できる出品者または購入者を見極めることができます。

メルカリはコメントなし即購入が基本ですが、独自ルールを設けているか一応確認するとよいでしょう。また、無理な値下げ要望はしない、コメント逃げはしない、質問されたら返事をする、受け取ったら評価をする等、常識のある行動を取れば気持ちのよい取引ができます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です