Redo the life

①ブラック企業にボロボロにされ、自己破産することになりました

はじめまして。アラフィフ主婦のKKです。

この度、息子がブラック企業にボロボロにされ、多額の借金を背負わされ、自己破産することになりました。

その顛末を書くことによって、ブラック企業で苦しんでいる人、子どもがブラック企業に就職してしまったんじゃないかと心配している親御さん、自己破産するしかないかと追い込まれている人、そういう人のお役に少しでも立てるのではないかと思っています。

なぜなら、私もネットの記事で随分救われましたから。

就職した会社がブラック企業

ブラック企業を辞められない

昨今、ブラック企業が問題となり、中には鬱になったり、最悪みずから命を絶つ人もいます。

また、子どもがブラック企業に就職し、親としてどうすればいいのか悩んでいる親御さんもたくさんいるのではないでしょうか。

我が家の場合、1年半前に息子がブラック企業に入社しました。最初からおかしいと思っていましたが、途中どうすることもできませんでした。

最終的に何とか救出できましたが、もっと早く救出できなかったかと自問自答の日々です。

この経験で多くの事を学びました。人は、追い詰められると「辞める」「逃げる」という選択肢が見えなくなるということです。

【参考図書】

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由 [ ゆうきゆう ]

「辞めたい」という意志は伝えたものの辞めさせてもらえず、ずるずると仕事をしていた息子。

なぜ辞められないのか、辞めたいと伝えたにもかかわらず、なぜ仕事に行き続けるのか、出社しなければいいのに、なぜ出社するのか、不思議でたまりませんでした。

最終的には息子に頼まれ、親である私が会社に電話して「辞めます」「もう行かせません」と言いました。

弁護士にも、「君はすぐ言いくるめられるから、もう明日から出社しない。電話に出ない。これを守ってください」と言われました。

退職届も出していません。

そう、逃げていいんです。辞めていいんです。

「辞めたらお前の家をめちゃくちゃにしてやる」と社長に言われたそうですが、辞めても何もされませんでした。

録音・録画・記録、証拠があれば・・・

警察にも相談しましたが、証拠がないと警察は動けないと言われました。

逆に、パワハラされている人は録音や録画、そして記録を録っておけば警察は動いてくれるということです。

そんな余裕はないと思いますが、録音、録画、記録はとても重要だと改めて実感しました。

もし何かされたら、すぐ警察を呼んでくださいとのこと。

一応、何かされた時のために録音と録画がすぐできるよう準備していましたが、何も起こりませんでした。

また警察に相談に行ったとき、労働基準監督署へ相談するようアドバイスも受けました。

すぐその足で行ったのですが、労働基準監督署も管轄というのがあります。

勤務先の住所がある労働基準監督署に行かなければいけないというのを知らず、居住地の労働基準監督署に行ってしまいました。

一応、話は聞いてくれました。賃金未払いがあれば勤務先に指導してくれるそうです。

もちろん、その場合は勤務先の住所がある労働基準監督署に相談しなくてはいけませんけど。

  • ブラック企業は辞められます。
  • 誰でも会社を辞める権利があります。

自己破産することに

社長に騙されて借金数百万円

息子をブラック企業から救出できましたが、結局、自己破産という結末に至ることになりました。

なぜこうなったのかはおいおい書いていこうと思いますが、弁護士に相談した結果、自己破産するしかないと。

私の頭の辞書の中には「自己破産」という言葉はありませんでした。

むろん、警察も労働基準監督署も弁護士も、私の人生の中でお世話になることは一生ないだろうと思っていました。

ブラック企業を辞めたときの息子の財産は、現金5,000円と自動車税未払いの10年落ちの中古車だけでした。

貯金ゼロ、社長に騙されて背負わされた借金数百万円。1年半働いた結果がこれです。

息子が自己破産する。そう考えただけで涙が止まりませんでした。

しかし、それしか方法はありませんでした。

管財事件となり、弁護士費用80万円に!

ただ、初めて知ったのですが、自己破産するのにもお金がかかります。

自己破産には、同時廃止と管財事件の2種類の方法がありますが、息子の場合は管財事件になるそうです。資産は全くないのに、社長が書いた借用書が財産とみなされるためです。

管財事件になると、破産管財人が選任されるので弁護士費用が倍になります。2人分で80万円です。めまいがします。

そして、時間もかかります。これもおいおい書いていきますが、さまざまな書類を集めて提出しなければなりません。

親と同居しているので、親の給与明細やら不動産登記謄本までいります。同居人がいると、内緒で自己破産というのは難しいということになります。

自己破産の手続きは自分でもできます。弁護士費用が出せなくて、債務が消費者金融のみという人は自分で申し立てをするというのもありかもしれません。

息子の場合、複雑なので全部弁護士にお任せすることにしました。

  • 自己破産には、同時廃止事件と管財事件の2種類あります。
  • 管財事件は破産管財人が選出されるので、弁護士費用も時間も同時廃止より倍かかります。

その顛末をブログに書いていきます

悔しすぎて、アラフィフ主婦が勢いでWordpressに挑戦

息子がブラック企業にボロボロにされ、多額の借金を背負い、挙げ句の果てに自己破産です。もう本当に悔しくて悔しくて悔しくて、やり場のない怒りと悔しさを無料ブログに綴っていました。

しかし、この経験は意外と誰かの役に立つのではないかと思い、本格的にブログにまとめていくことにしました。

無料ブログではなくきちんとドメインを取ろうと、エックスサーバーに申し込み、ドメインも取りました。

ドメイン・・・black-hasan

そのまんまです。

早速、WordPressをインストールしましたが、アラフィフのおばさんにはきついです。とりあえず図書館で本を借りてきました。読み始めて、すぐ頭痛がしました。

【参考図書】

はじめてのWordPress本格ブログ運営法 あなたもアフィリエイト×アドセンスで稼げる! 本書 [ 大串肇 ] 

アラフィフ主婦、Wordpressに苦戦中

しかし、世の中には親切な人がいます。ネットや動画で親切丁寧に教えてくれている人がたくさんいます。

その中の一人の方のサイトを毎日ガン見し、動画を見ながら一つ一つ設定していきました。何を言ってるのかわからないけれども、動画の指示どおりやりました。

同じようにやったつもりなのに、上のほうに英語でエラーみたいなのが書かれてたり、動画どおりできなかったりと、いつまで経っても記事が書けません(泣)。

もういいや、後からいろいろ直していこうと思い、とりあえず記事を書くことにしました。

さらに1ヶ月後、有料のテーマを購入しました。1万円と痛い出費でしたが、カスタマイズする時間を省くことができ、購入して良かったです!

時々手直しをしてお見苦しいブログになると思いますが、何とぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です