Redo the life

③ブラック企業に入社!入社した会社は悪徳業者だった

こんにちは。アラフィフ主婦のKKです。

長男が面接時に投資を持ちかけられ、まんまと引っかかったわけですが、投資詐欺とは知らず、また入社しようとしている会社がとんでもない悪徳業者だとは知らず、社長をすっかり信用した長男はそのまま意気揚々と働き始めました。

しかし、最初から怪しいことこの上ない会社でした。

洗脳開始

巧みな話術で心をつかむ

面接時に投資の話を持ちかけられただけではなく、「給料はいくら欲しいの? 希望額教えて」とも聞かれたそうです。なんて太っ腹なんだと思ったみたいです。バカですな・・・。

それから、こんなことも言われたそうです。「親から自立しないとね。家具家電は全部用意してあげるから、一人暮らししたら?」またまた、なんて太っ腹なんだと思ったようです。

でも、家賃を払う自信がないので、いきなり一人暮らしをするのはあきらめました。

社長としては、おそらく自分の悪事がばれないよう親から引き離しておきたかったんだと思います。

そして・・・

社長: 「君のお母さんはこうで、お父さんはこうで、弟はこうでしょ? で、君はこんな感じ」

長男: 「当たってる!」

いやいや、それは占い師とかがよくやるテクニックで、事前にあらかじめ情報を聞き出して、当てはまるように言い換えただけじゃんかよ。

人生経験の少ない長男は、社長の話術にコロッと騙されたようです。この人はスゴイ!思ったようです。

しかし、親としては聞けば聞くほど怪しさしかなかったです。親が社長のことをよく思ってないというのが嫌だったんでしょうね。親の言うことより社長の言うことのほうを重視するようになっていきました。

プレゼントで心をつかむ

入社してすぐは、社長は長男をかわいがってくれたようです。あとあと騙すため、信用させるいろんなテクニックを使ってきました。まず、プレゼント攻撃です。

「社長に靴を買ってもらった」「社長に時計をもらった」とか嬉しそうに言ってましたね。靴といっても、いかにも安物の靴。2,000円か3,000円くらい? 時計もお下がりでしょうな。

結局、給料は22万円もらうという話になりました。

ただし、社長は個人事業主で、法人にはなっていなかったので、社会保険はなし。国民年金と国民健康保険は自分で払い、市民税も給料から引かれないので、納付のお知らせが来たら自分で払いにいきます。もちろん雇用保険などなし。

ただし、営業で車を使うので、ガソリン代は出してくれるとのこと。また、社用車にプリウスを買ってあげるとか口約束もしてくれたそうです。そんな口約束、守られるわけないのですが、プリウスを買ってもらえると喜んでいました。

結局、給料も数ヶ月で支払われなくなるのですが、そんな社長からのアメで、ますます社長を信用するようになっていったのです。

  • ただより高いものはない!
  • 口のうまい詐欺師に要注意!!

入社した段階で既に回っていなかった

自己破産した社員がいた

入社時、社員はパートのおばちゃんが2人か3人、男性社員が長男以外に1人か2人いたのかな。

これも最近知ったのですが、長男と同じように騙され、利用され、多額の借金を背負わされて自己破産した社員が1人いたのです。

その人はもう既に辞めていたのかな。これを知っていたら、当然入社などするわけもなかったのですが、そのときは知りませんでした。調べようもなかったです。実態のない会社のようなもんですから。

会社名が1年で4回変更

一応、ホームページらしきものがあり、資本金〇百万円とか書いてありましたが、法人ではないのに資本金〇百万円ってどういうこと???

また、会社の名前も短期間にコロコロ変わっていました。1年間で4回。これも会社の愚痴,噂ならsognoで知り得た情報です。回ってなかったので、会社の名前を変えていったようです。

お客さんからも「安価だけど杜撰。金返せ」とクレームがあるし、取引先の業者からは「支払いがない」と取り立てがある。会社はアパートの一室だったので、引っ越して名前を変えれば逃げられるっていう感じでしょうか。

しかし、そんなの許されるわけないでしょう。

誰かわからないけど、親切にもというか、逃げられてやり場のない怒りからなんでしょうか。ご丁寧にコロコロ変わった会社名を全部書き込んでくれていました。

A社=B社=C社=D社 全部〇〇(←社長の名前)の会社

お金を借りさせるために社員を募集

ちなみに長男が辞める頃、新しい社員を募集し、入ってきた社員がいたようですが、その人も長男と同じ目に遭わせようとしているらしいです。お金を借りさせるために新入社員を募集するって、そんな会社が存在するなんて信じられない。

他の社員は知っているんだろうか?

知ってて知らぬふり?

グル?

訳がわかりません。

お客さんに対しては杜撰な施工をし、取引先には支払いをしない。ただの悪徳業者です。

当時はそんな会社とは知らず、長男は新しい職場で一生懸命働こうと建築の勉強をし、営業を頑張ろうと努力していました。

休みなく働かされる

入社してすぐ会社の代表電話を預けられる

入社してすぐ、会社の携帯電話を預けられました。会社宛の連絡は全部その携帯電話にかかってくるそうです。入ってすぐの新入社員にそんなことする???

一人一人に会社から携帯電話が支給されるのならわかるけど、そういうわけではなく、代表の携帯電話を預けるって・・・。

なので、帰ってきてからも、お客さんや業者からの問い合わせの電話がかかると対応していました。さあ、晩ご飯を食べようとしたら電話。電話が終わって、改めて晩ご飯を食べようとしたら、また電話。

そして、「何か急遽対応しなくちゃいけないから行ってくるわ」と結局ご飯を食べられずに出かける。なんてことはしょっちゅう。ほぼ毎日。それは土日も。

「休みってあるの?」

「おかしくない?」

親として気になるので聞きますよね。でも、「大丈夫」としか言いません。

そんなことよりも「初めて一人で見積書を作った」とか、「初めて一人で営業に行ってきた」「初めて仕事を取ってきた」と、自分が社長に仕事を任されていると思って、それを嬉しそうに話します。いやいや、いいようにこき使われているだけなんじゃないのかな。

忙しくて家に帰れなくなる

親にいろいろ言われるのが嫌なのか、それとも忙しいのか、そのうちだんだん家に帰ってこなくなってきました。

長男が言うには「忙しくて家に帰る時間がもったいないので、友だちの家に泊まる」。

最初は本当に忙しくて、会社と家の中間地点にある友だちの家に泊まっていたみたいです。1週間のうち2~3日は帰ってこなくなりました。

休みがないとか、夜遅くまで働かされるとか、お人好しなのかバカなのか、それについては何の疑問も持ってなかったようです。しかし、忙しさって思考を麻痺させます。

そして、入社して3ヶ月目あたりから社長の本性が現れ、毒牙にかかっていきました。

  • 忙しさは思考を停止させます。周りが見えなくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です